20代 ハゲ

20代 ハゲ > 20代の頃からシャワーヘッドを交換しておこう

シャワーヘッドの怖いダメージ

シャワーヘッドは頭皮だけではなく、髪にもダメージを与えてしまいます。

日本の水道水には法律で一定以上の塩素をいれる必要があり、それが頭皮や髪に悪影響を与えてしまうんです。

小学生や中学生の頃にプールにはいったあと髪がパサパサになったことないですか??

家庭の水道もあれまで塩素が濃いというわけではないのですが、イメージしやすくするとあんな感じです。


では具体的にどう影響するのかというと、塩素がタンパク質を破壊してしまうんですね。

髪は90%以上がタンパク質で構成されているので、髪の一番外側になるキューティクルが破壊されてしまうんです。

キューティクルは何層にもなっているものなのですべて剥がれてしまうということはありません。

しかし、剥がれることによってハリやコシ、また髪の毛のツヤもなくなってしまうんです。

こういった髪質が悪くなることで老けてみられるようになりますし、また髪自体が細くなってしまうんです。


また経皮吸収といって頭皮からも塩素を吸収してしまうんです。

そして皮膚から吸収した塩素は溜まりやすいので、頭皮にもジワジワとダメージを与えてしまうんです。

頭皮を構成しているのもタンパク質なので、塩素が頭皮の炎症を起こしてしまって、髪が生えにくくなってしまう環境になってしまうんです。

どうしてシャワーヘッドの交換がいいのか

シャワーヘッドの交換をまずオススメしたいのは、それだけで毎日ハゲ対策ができるからです。

ハゲの対策の効果としては育毛剤やサプリメントの方がありますが、毎日習慣にしないとその効果も得られません。

そして、これまでサプリメントや育毛剤を使う習慣がなかった人が新たに始めるのは意外と難しかったりします。

その点、シャワーヘッドの交換であれば一度交換すればあとは放置でオーケー。

お風呂の入るのは普通に習慣になっていると思うので毎日ハゲ対策ができるんです。

そして20代のうちから交換しておけばダメージの蓄積も抑えられます。

今まで何か新しいことを始めても続かないという方は特にシャワーヘッドの交換はおすすめです。

どんなシャワーヘッドがいいのか

シャワーヘッドといっても、ピンきりです。

数千円もするものから、数万円もするものまで沢山あります。

しかし20代のハゲ対策としてする場合であれば数万円もする高級なものを使う必要はありません。

選び方のポイントとしては「塩素を除去できるか」どうかです。

これの機能だけに限ってしまえば数千円のものがほとんどです。


ちなみに私が使ってるシャワーヘッドはこれです。

20代,ハゲ,シャワーヘッド

はつらつシャワー



これが何故いいのかというと、塩素を除去できるだけではなく、節水機能もあるからです。

カートリッジは数カ月に交換する必要はありますが、それを加味しても水道代は安くなりました。

写真の下のほうにあるボタンをおすことで水のオンオフを切り替えられるので手軽に節水ができるんです。

とてもシンプルな方法ですが、意外と効くんです。


これ以外にも色々試しましたが最終的にこれに落ち着きました。

本当に簡単に交換できてしまうのでおすすめです

(^^)


はつらつシャワーを詳しく見てみる>>